【室内栽培】ベジフィールでミニトマトを育て中

以前「グリーンペット」という小さなペットボトルサイズの水耕栽培容器でミニトマトを育てました。

無事実が赤く色づくことができたのですが、全体的に縦に成長しすぎてしまい、グリーンペットの小さな容器では倒れないかとヒヤヒヤしたので、今年は違う商品を買ってみようと「Vege feel(ベジフィール)」という商品を購入。

商品写真の成長したミニトマトを見た感じでは、そこまで高くならなさそうだったので選びました。

こちらは土を使うため完全な水耕栽培ではありませんが、底面に水を溜めておけば給水ヒモから水分が供給されるというしくみ。

底に水を溜めておけますが、そこまでたくさん量が入る訳ではないため、水が減りやすい暑い時期や冬の暖房を付けている間は大丈夫かな?という不安はあります。

カップサイズは直径100mmで高さが120mmとそこまで大きくはないため、室内でも育てやすいサイズだと思います(トマトに関してはどれくらい高くなるかが気になりますが…)

ベジフィールの商品は全6種類。

ベジフィールは、ミニトマトの他に、ラディッシュ、サラダほうれん草、レタス、ベビーリーフミックス、ルッコラがあります。

私は、ほうれん草にも興味があったのですが、残念ながら入荷待ちの状態だったので、レタスを一緒に買いました。

しかし商品が届き、よし育てるぞと思って開封してみたら、レタスは25℃以上の高温期では発芽しないため種を植えるのはNGと…。
ちなみにサラダほうれん草も駄目と書いてありました。

ミニトマトの栽培記録

ご覧の通り、発芽までは順調でした。
5粒種を蒔いて駄目だったのが1つなので、発芽率も高いですね。

この状態から、だんだんと萎びてしまい、実をつけるどころか数センチ程度の成長ですべて終わってしまいました…。

考えられる原因

  • カーテン越しに育てた(=日光不足)
  • 途中から水耕栽培用の肥料を追加した(=濃度が濃すぎた?)
  • 気温が急に上がったため

苗が2本ほど枯れた頃に、慌てて日が当たる所に移動し肥料を追加しました。
それでもすべて駄目になったので、気温が問題だったのかなと。
良かれと思って行ったものすべてのタイミングが悪かったという可能性もありますが…。

ちなみに水耕栽培用の肥料はハイポニカです。
以前グリーンペットで育てたミニトマトはこれでモリモリ育ったのですが…。
今回は茎があまり大きくならないタイプのミニトマトだからという違いはありますけどね。

【ベジフィール】ミニトマトの栽培環境

  • 発芽適温:25℃~30℃
  • 栽培適温:20℃~30℃

リベンジ中

栽培適温になってきたので、リベンジ中。

蒔いた種がすべて発芽しました!
前回に引き続き発芽率が高いですね。

次こそ実がなるまで育てたいです。


順調に成長中。


実がなった!

購入した商品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です