朝食に「ミューズリー」を食べるようになりました

長いこと朝食は市販の「グラノーラ」がメインでした。

しかし最近はどの商品もかなり甘く感じるようになり、ちょっと苦手になってしまったのです。

そんな時に、以前どこかでグラノーラを手作りできるというのを見たなぁと思いだし調べてみたのですが、意外と必要な材料が多かった…。

例えばメインとなる「オーツ麦」に複数の「ドライフルーツやナッツ」、栄養価をUPするなら「スーパーフード」、「ココナッツオイル」などの植物油に、甘さを足すための「蜂蜜(味変用にチョコレート、抹茶パウダーなど)」

他にも密封容器や乾燥剤とグラノーラを保存するための物も必要。
市販のようにあれこれ入れずシンプルなものにすれば比較的お手頃ですみそうですが、栄養を求めつつ、おいしく食べたいならばある程度の材料はいるかなと。

これに作る時間のことを考えると、いきなり手作りグラノーラに挑戦!というのはなぁ…と判断。

どうしようかと思っていた時に「ミューズリー」というキーワードが目に留まりました。
ミューズリーはグラノーラのような甘さがなく(商品によってはある)、加熱処理もしないバージョン。

グラノーラになるまでの流れ

  • オーツ麦から、調理しやすいように加工したものが「オートミール」
  • 上記にナッツやドライフルーツなど追加し、食べやすくしたのが「ミューズリー」
  • 植物油(と糖類)を絡めてオーブン(フライパンでも可)で焼けば「グラノーラ」

「オートミール⇒ミューズリー⇒グラノーラ」の順で食べやすくなるけれども、カロリーもUPということですね。

ミューズリーのメリット・デメリット

メリット

  • 甘味料が入っていない(入っている場合もある)ため、自分の好みに味を付けられる
  • ドライフルーツやナッツ入りであるため、別途準備する必要はない

デメリット

  • 商品そのままだとグラノーラのような美味しさは感じられない
  • 好みのドライフルーツやナッツが入っているとは限らない
  • やや固いため、食べやすくするためには牛乳などで浸す時間が必要

どんな商品があるか

私は輸入食品店に並べてあった「カントリーファーム トロピカルミューズリー」を今は食べています(※こちらはドライフルーツなどに砂糖が含まれています)
Amazonでも口コミは良さそうですね。

カントリーファームの種類はいくつかあるので、交互に試すのも良いかも。

とはいえ、市販のグラノーラに慣れている人は食べにくいと思いますので、ミューズリーとグラノーラを混ぜて食べるのもひとつ。
また、甘さが入ったミューズリーを選ぶと良いかもしれません。

例えば、下記のような商品

ちなみに市販のグラノーラでは、下記が甘さが抑えられて食べやすくて好きでした。
玄米入りという所もGOOD

まとめ

ミューズリーにプラスするドライフルーツやナッツ、スーパーフードなどが少しずつ充実してきました。
そろそろ手作りグラノーラにも挑戦してみようかと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です